文字サイズ

藤浪の恩返し いつか野球教室開く

 「制」の文字を色紙に書き、思いを語る藤浪(撮影・田中太一)
1枚拡大

 阪神の藤浪晋太郎投手(20)が19日、大阪府和泉市の大阪府立母子保健総合医療センターで、子供たちとのクリスマス会に参加した。故郷の堺市に隣接する同施設を2年連続で訪問した藤浪は、今後の社会貢献へ意欲を示した。少年野球教室など「藤浪塾」開校で、球界へ恩返しする夢を描いた。

 成人式を控えた20歳には、大人の自覚が宿っていた。病気と闘う子供たちとクリスマス会で交流した藤浪は、「シーズン中ではできないこと、こういう社会貢献活動を何かできればいいと思う」と青写真を口にした。

 昨年、プロになって初の施設訪問となった同イベントでも、奉仕活動への思いを語っていた。しかし、今年はより夢が具体的だ。「野球教室とか、少年野球チームの招待とか。プロ野球選手になれた恩返しがしたい」。

 自分にとってプロ野球選手はヒーローだった。「子供のころは、大阪出身の選手を応援していた」。この日の子供たちの目の輝きは、かつての自分と同じ。だからこそ、より多くふれあい、存在を身近に感じてほしい。今できることを考えて出した答えが、「藤浪塾」などで野球をより好きになってもらう活動だ。

 プロ野球OBによる野球教室は多いが、現役選手は時間の制限もあり、単発ではなく継続的に行うのは負担が大きい。もちろん「活躍してできる立場になれば」とシーズンで結果を出すことが最優先。その上で、実現へ向けて検討していく。

 将来的には「藤浪杯」といった少年野球大会の開催も期待されるが、「それは、自分の名を冠して恥ずかしくない選手になってから」。実績とともに社会貢献活動はある。これも一つのモチベーションになる。

 契約更改の席で約1時間半も球団に自分の意見をぶつけたように、2年目を終え、プロとしての責任感はより強くなっている。リーグ優勝、日本一への思いを抱いて挑む2015年。子供たちには「最低でも12勝」と今季以上の勝ち星を誓ったが、もちろんそれだけで終わるつもりはない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス