文字サイズ

頼んメッセ!2冠助っ投、残留決定

 サインをするメッセンジャー(球団提供)
1枚拡大

 阪神が14日、今季最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得したランディ・メッセンジャー投手(33)と、米国時間13日にテネシー州のホテルで来季契約を結んだことを発表した。昨オフに出来高込みの2年総額5億円で合意しており、来季はその2年目。

 メッセンジャーは広報を通じて「来シーズンも阪神ファンの前で投げることができるのが一番うれしいです。ずっと熱い応援をもらっているし、そのことが自分にとっては大きな励みになっています」とコメント。「今年のプレーオフに成し遂げたことは、来シーズンにとって大きな自信になると思っています」と、チームの日本シリーズ進出を来季の糧にする。

 今季は2冠だけでなく、投球回も両リーグトップの208回1/3。この日、兵庫県淡路市で野球教室に参加した平田ヘッドコーチは、タフネス右腕を「ありがたいピッチャーだよ」と評し、存在の大きさを強調した。

 先月帰国した際にメッセンジャーは、「今年は開幕カードに投げたけど、来年は開幕試合で投げたい」と、2年ぶり2度目の開幕投手に照準を合わせていた。今季届かなかったリーグ優勝、そして日本一のため、和田虎に欠かせない男が帰ってくる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス