文字サイズ

鳥谷鮮やか併殺!セ界一の守備魅せた

 1回、李大浩の打球を好捕、二塁へ軽快に送球し、上本が一塁へ転送、併殺を奪う(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「日本シリーズ第2戦、阪神1-2ソフトバンク」(26日、甲子園)

 きっ抗した力がぶつかる勝負を制するかは、紙一重の差。阪神のキャプテン・鳥谷が再三の好守で試合を引き締め、しかし次の塁を狙う積極的な思いは、この日は実を結ばなかった。

 相手に傾きかけた流れを止めた守備は初回だ。内川の左前打で先制点を献上した直後、李大浩の三遊間を抜けるかという当たりに追いつき、素早く二塁へ送球。上本からゴメスへ転送され、併殺を完成させた。

 先手は取られたが「みんながしっかり守って、緊迫した試合にしてくれた」と和田監督が称賛する守備で、流れは渡さない。1点差に迫った直後の七回1死でも、明石の三遊間の打球を軽快にさばき、猛虎反撃の空気をしぼませなかった。

 打線は初対戦の武田を打ちあぐねたが、七回に鳥谷が先頭でカーブを捉えて二塁への内野安打で出塁。このまま一気に逆転か-。だが、続くゴメスの5球目カーブを捕手・細川がはじいたのを見て、果敢に二塁を狙うがアウトとなった。

 「積極的にいった?そうですね。(武田と)対戦したことなかったので」と鳥谷。相手投手を崩したいという思いは裏目に出たが「紙一重のところだから」と指揮官も責めることはなかった。あと一歩。それを届かせるのは、鳥谷が見せた堅実さと積極性。次こそは、タカののど元に刃を届かせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス