文字サイズ

榎田2軍戦4回0封!G倒へ準備OK

 「ウエスタン、阪神3‐6中日」(20日、鳴尾浜)

 G倒出撃準備完了だ。左肘痛などで2軍調整中の阪神・榎田がウエスタン・中日戦に先発した。7月29日に出場選手登録を抹消されてから、初めての公式戦登板。予定の4回を無失点で、完全復活をアピールした。

 初回、二回と3人ずつで打ち取り迎えた三回だ。1死から堂上直に二塁打を浴び、初めて走者を背負った。それでも冷静だった。赤坂、野本をいずれもフルカウントから変化球で見逃し三振。四回の1死一、二塁のピンチも粘りの投球で、本塁を踏ませなかった。

 不運な当たりも含めて許した安打は3本。久々にコンビを組んだ日高も「復帰後、一発目の試合にしては良かったと思う」と評価した。

 中西投手コーチは「投げて体に問題がなければ、いけるという判断をする」と話した。21日の状態をみて、1軍昇格への最終判断がされるもようだ。早ければ23日からの名古屋遠征で1軍に合流し、27日からの巨人3連戦(東京ドーム)の先発に備える流れとなる。

 榎田は「(18日の)シート打撃より良くなっている。呼ばれたときに、しっかり投げられる状態に持っていければいい」と話した。逆転VへGキラーが静かに牙を研ぐ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス