文字サイズ

ボイヤー虎主力斬り!1軍昇格射止めた

 虎の主力斬りで1軍昇格決定だ!阪神の新外国人、ブレイン・ボイヤー投手(31)が19日、甲子園での全体練習で行われたシート打撃に登板した。桧山、西岡、鳥谷ら主力打者5人を相手に、自慢のカーブで3つの三振を奪う快投。この結果、リーグ戦再開となる21日のDeNA戦(長野)からの1軍昇格が決定した。

 居並ぶ猛虎自慢の主軸打者を向こうに回し、舶来のクローザー候補が実力のほどを示した。「いい球が投げられた」。満足げに答えるボイヤーの表情が、つかんだ手応えの大きさを物語った。

 立ち上がりは、期待をかける周囲が不安を覚える内容だった。1人目の打者は新井良。その初球、外角の直球を捉えられると、打球はあと少しで柵越えという右翼フェンス直撃の二塁打。ここから対応力の高さを見せた。

 カーブ主体の投球で、続く桧山、西岡をともにカーブで空振り三振。そして5人目の鳥谷を見逃し三振に切る。「落差のある緩いものと、曲がりが少なくスピードのあるものと2種類ある」という自身の決め球を、巧みに使う投球を展開した。

 特に鳥谷にはカウント1‐2から4球目の外角カーブを見極められボールと判定されるが、5球目も同じコースへのカーブをいっぱいに決め、選球眼の良い鳥谷から見逃し三振を奪った。

 「アメリカでは直球でストライクを先行できるが、日本は初球に直球狙いが多い。それ以外の球種で入らないといけないと考えさせられた」。短期間で、日本の打者への攻め方も覚えたようだ。

 和田監督も「ファームでもしっかり抑えてきた。(カーブは)ウチの打者も結構手こずっていたし、キレがあったんじゃないかな」と評価。リーグ戦再開となる21日のDeNA戦(長野)から1軍昇格となることが決まった。

 課題はある。登板後、中西投手コーチからは「グラブをしっかり止めないとボークになる」とセットポジションでの静止、さらに「クセの部分で球種が分かってしまう」と指摘されたという。

 それでも、課題の1つだった軟らかい日本のマウンドに「徐々に良くなっている。仕上がりも順調だね」と自信を見せ、受けた捕手・藤井彰も「直球はキレがあった。もっとスピードが出そうな感じ」と期待をかけた。

 交流戦を勝ち越しで終え、ここから2・5差の首位・巨人を追う。課題の夏場を乗りきるためにも中継ぎ強化は不可欠だ。「自分の球にはいつも自信を持っている。レギュラークラスの選手を相手に、感覚を確かめられたのは良かった」。右腕の活躍が、頂点への鍵を握っている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス