文字サイズ

西岡ベスト体重「2・1から試合出れる」

 阪神の西岡剛内野手(28)が30日、関西国際空港発の航空機でキャンプ地・沖縄入りした。昨年11月20日の入団会見時の体重90キロからベスト体重の85キロまで絞り、「2月1日から試合に出られるようにしている」と初日からの猛アピールを約束。チーム初の対外試合となる2月10日の日本ハムとの練習試合(名護)への出場にも意欲を示した。

 あごのラインはシャープ。黒のスーツで決めたボディーラインもすっきりしていた。3年ぶりに日本球界に復帰し、その第一歩となるキャンプまであと2日。西岡はすでにシーズン仕様の肉体に仕上げていた。

 「1日から体をつくってきたんだな、というところをチームメートにも首脳陣にも見せたい。僕は阪神で何年もやってきたわけじゃない。まず信頼してもらわないといけない。初日から不安を与えて『何で獲得したんだ』と疑問視されても(自分にとっては)プラスにならないし、チームにもプラスにはならない」。沖縄出発前の関西国際空港。新天地へ懸ける強い決意を示した。

 これ以上ない状態でキャンプに臨む。2カ月前の入団会見時は90キロだった。周囲からは「太ったんじゃないか?」との声があったというが、その後は「2月1日から試合に出られるように」という目標を掲げて体を追い込んだ。

 日本生命グラウンド(吹田市)での自主トレを25日に打ち上げるまでほぼ毎日、屋外での打撃練習も行った。その結果、体重は5キロも落として現在はベスト体重の85キロ。「これからも84~85キロをキープしていきたい。夏には82、83キロまで落ちたりするんで。自主トレは順調に来た。体は万全」。全ての面で仕上げに抜かりはない。

 チーム初の対外試合となる2月10日の日本ハムとの練習試合(名護)への出場も問題はない。実戦出場については首脳陣の指示に従うつもりだが「いつ試合形式になってもすぐに出られる」と意欲を見せた。

 縦じまに袖を通す日も目前に迫り、気持ちも高ぶってきた。「新たなスイッチが入るというか、気が引き締まる思い。2月1日に張り切っていきたいけど、オーバーワークになりすぎず、ケガをしないようにやっていきたい」。はやる気持ちを抑えつつ、初心に帰って再スタートを切る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス