文字サイズ

「靴と歩き方で人生を変える」 靴の街・神戸でパンプスを作る女性が伝授する「美歩行トレーニング」

ヒールパンプスで長時間歩き回るのは脚が痛くて無理と、楽なペタンコ靴に逃げていませんか? でもそのうち、足が太くなってきた気が……。やっぱりパンプスでカッコよく街を歩きたい!でもどうすれば履きこなせるでしょうか。神戸に美脚のセラピストがいます。あなたも楽に、美しく履ける脚になれるかも!

■正しい姿勢で、美しく歩こう

神戸でオーダーメイドパンプスを手がける「belle mage(ベルマージュ)」の櫻井啓子さんは、筋肉量の多い太ももとお尻を積極的に動かし、美しい歩き方を指導する美脚のセラピストでもあります。歩くストレッチと代謝促進で、足から健康に。自宅でもできるトレーニングを教わりました。

 1.足首をクルクル
座って少し両足を広げ、かかとを床につけた状態で足の甲を90度ほど床から浮かせる。そのままつま先をゆっくり右回り5回、左回り5回、円を描くように回す。

 2.肩甲骨をグリグリ
ボクシングのガードのポーズのように腕をL字に曲げ、両肘をつけて。そのまま肘をグーッと頭上へ上げたら、L字に曲げたままの腕を左右横に開き、グルッと下へ回して最初のガードのポーズへ。背中を意識しながら続けてみて。

 3.歩く
ポイントは「腰で歩く」。そのためには「おへそから下は脚」とイメージして。足を前に出すときは、腰から前へ進む感覚で。他に……
・踵から着地。そのまま親指へ体重を乗せて前へ。
・膝裏が伸びていることを意識して。特に後ろの足のつま先が地面から離れる瞬間は、特に意識して伸ばす。

運動不足で固くなりがちな足首は、気づいたときにクルクルと。また、歩くときは膝裏を意識しましょう。

「リンパの流れが良くなります。ふくらはぎも伸びるし、あごを引いて姿勢よく歩けば、足や体のむくみも解消です」と櫻井さん。

また「重心が小指、つまり外側に流れると、将来O脚の恐れも。重心は体の中心へ。そして内ももとお尻をキュッと締めてリズミカルに歩きましょう」。

■女性の足を知り尽くした女性が作った パンプスフィットストラップ

でもリズミカルに歩こうにも、足の甲を覆う部分が少ないパンプスは脱げやすく、ちょっと難しそう。

そんな女性たちのため、櫻井さんは靴の同行ショッピングを行うフット&シューズコーディネーターの長谷川久美さんと共同で、パンプスフィットストラップ「BSSリマージュ」を開発しました。

手持ちのヒールパンプスの上から、このストラップを装着するだけで脱げにくくなり、歩くストレスから解放されます。しかもクロスデザインだから、足全体を細く長く見せる美脚効果も。着脱もあっという間です。

 櫻井さんはアパレル出身。靴に魅了され制作全般を学ぶうち、大量生産される型通りの靴に疑問を持ちます。

「足の形は、長さや幅、踵の大きさや形など一人ひとり、また左と右も違います。さらに姿勢やクセもあって、引き起こされる足のトラブルは千差万別。でもメーカーの作る靴の木型では、細かい箇所にまで対応できません」。

ならば自分が作ろうと、2018年に独立。靴と歩き方で人生を変える「belle mage(ベルマージュ)」を立ち上げました。

私たちはきつく締め付けない、ゆとりのあるサイズの靴を求めがち。でも理想は、足指の周囲以外はきっちりフィットする靴だそうです。

「足が前方にずれて指に負担のないよう、履き口で止めることが大切」。そのためbelle mageでは、3D足測定器やメジャーを使いながらフルオーダー並みに丁寧に計測。履きご心地の良い、まさにその人のためだけのパンプスができ上ります。

 靴と歩き方で人生まで変わるという櫻井さん。血流と体温も上がることで、免疫力もアップし、さらにダイエットにも効果的です。

パンプスで身も心も美しくなる日を、3日に1度は作ってみませんか。

(まいどなニュース特約・國松 珠実)

関連ニュース

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス