文字サイズ

ぶっ飛びすぎてる外観のカラオケ喫茶 愛知・犬山に愛と夢のパワースポット

カラオケ喫茶店「パブレスト百万ドル」を営む大澤武史さん
とても個性的なカラオケ喫茶「パブレスト百万ドル」の店内
カラオケ喫茶「パブレスト百万ドル」を営む大澤さん
3枚

 国宝犬山城をはじめ見どころの多い愛知県犬山市。天下の名城に負けじと人々を引き付けるカラオケ喫茶がある。昭和42(1967)年にオープンした「パブレスト百万ドル」だ。外観を見てほしい。あまりにもぶっ飛んでいる。

 店の顔である玄関には「愛は流星キラキラ光り輝く未来」という、オーナーにして美術アーティストである大澤武史さん(77)の、ありがたい言葉が掲げられる。さらに外観には「2020TОKYО」の文字が踊る。聞くまでもなく、非公認に違いない。不思議な引力に吸い寄せられるように、まさに全国から客が訪れる。

 ある人はなんと自転車で千葉から来店。「3日かけてきました」と笑顔で話す。魅力を解明しようと、勇気をもって入店。入口で靴を脱いで上がると、たくさんの絵、写真が飾られていることがわかる。赤いソファが置かれ、ミラーボールの下にはカラオケが鎮座する。「うちはカラオケ(1曲100円)を歌ってもらわないと利益がでないから」と大澤さん。

 それもそのはず、同店は「一日中モーニング」がウリ。ブレンドコーヒー(500円)といったドリンク類をオーダーすれば、団子、スイカ、ソフトクリーム、アイスキャンデーが次々と出てくる赤字覚悟のサービスで知られる。

 店は大澤さんが25歳の時に開業し、業態を変えながら現在のスタイルに行きついた。転機になったのが、大澤さんが筆を取り出した62歳の頃だ。当時、奥様や子どもと離れて暮らすことが決まり、寂しさを紛らわせようと我が子の肖像画を描いた。以来、絵を描く楽しさに目覚め、とうとうキャンバスをはみ出し、店の外観にまで描いてしまったというわけだ。

 そして絵を描きながら、来店してくれる客のありがたさも実感した。離れる人がいれば、店を訪ねてくれる人もいる。たくさんの食べ物が出てくるのは、そんな感謝のおもてなし精神が結実したものだ。

 取材を続ける記者の目の前にも、気付いたら団子やスイカがこんもりと盛られ、客が歌う「六本木ララバイ」が耳に届く。大澤さんの「愛」を具現化させた異空間。一度は訪れるべき、愛と夢のパワースポットだ。

 ◆パブレスト百万ドル 住所/愛知県犬山市犬山字瑞泉寺31-1 電話/0568・62・3336営業時間/10時~17時定休日/月曜

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス