文字サイズ

神戸、鉄板焼きの元祖店 イスラム教徒を「ハラール神戸牛」でおもてなし

 ともすれば、インバウンド商戦に消極的な神戸を変えようと、鉄板焼き発祥の老舗「元祖 鉄板焼ステーキみその」(神戸市中央区)が奮闘している。大阪、京都や東京・銀座、新宿に5店舗を構え、「神戸ビーフ」を提供しているが、神戸本店では昨秋からイスラム教徒向けに「ハラール神戸牛」でおもてなしするなど革新的な取り組みをしている。その狙いとは。

 鉄板焼きスタイルのルーツはここ神戸にあり、生田神社の南側に自社ビルを構える「元祖鉄板焼ステーキみその」がまさに元祖という。創業は1945年。戦火で焼け野原になった港町で産声を上げた。創業者の藤岡重次さんが造船場で手に入れた鉄板を元にお好み焼き店を開いた。やがて進駐軍にステーキを提供するようになり、鉄板焼きは瞬く間に「Teppanyaki」として認知され、英語の辞書にも記載されている。

 カウンタースタイルは寿司店を参考にした。専門の料理人がテーブルにつくのもここで生まれたもの。焼き手の熟練された鮮やかなコテさばきも見せ場のひとつだ。また料理を一段とおいしくする「キャップ」と呼ばれる蓋(ふた)もここで使われ始めたものだ。

 神戸の夜景を眺めながらいただく神戸牛は、まさに絶品だった。メニューは「季節の鉄板コース」が肉の種類に応じて1人1万2000円から用意しており、記念日にはロブスターが加わった「アニーバーサリーペアコース」(3万円)がお勧め。もちろん、ランチメニューも豊富だ。

 それもこれもすべては「お客様のリクエストにお応えし、お喜びいただくこと」を理念に掲げてきたからこそ。その思いから、現在も新メニューを試作中だそうだが、昨秋からはムスリムの熱い要望に応え、何と「ハラール神戸牛」を完全な鉄板焼きとして提供するようになった。

 ハラールとはイスラム語で「許されたもの」を意味する。使用するハラール神戸牛はハラール専用施設(三田食肉公社)で資格を持った業者によって生産され、「祈りが捧げられたもの」だとか。さらに神戸ビーフの定義や認証等の業務を担う神戸肉流通推進協議会の最も厳しいとされる基準に合格したもので「ハラール認証」と「神戸肉之証」がそろった特別な逸品だ。

 「当初、イスラム圏からのお客様は月1回ほどでしたが、現在は毎週のように予約をしていただいてます。今後もイスラム圏の方とのビジネスのご接待や、大切なご会食、訪日記念など様々なシーンで重宝していただければ」と同店ハラール管理者でもある築地真理子さんは話す。

 ムスリムへのきめ細かい配慮も忘れない。特別な電器の鉄板を使用し、専用の食器を使う。醤油に関してもアルコール成分を含んでいないものを提供している。料金は1人3万円で、完全予約制になっているが、ラマダン(断食月)明けとなる6月5日には、早速カタールやクウェートからの客が来店したという。

 みそのがハラール神戸牛を完全な鉄板焼きスタイルで提供するのは19年のラグビーW杯、20年東京五輪、さらに25年の大阪万博をにらんでのもの。「神戸は大きなモスクもあり、教会があって、世界中から様々な人が集まり異文化が溶け合っている不思議な街。それなのにインバウンドに対応し切れていないのは残念」と築地さん。「老舗」が革新的な取り組みをすることで、インバウンド商戦に鈍感な神戸の街を刺激する狙いもあるようだ。

(まいどなニュース特約・山本智行)

 ▼元祖 鉄板焼ステーキみその神戸本店

 〒650-0011

 神戸市中央区下山手通1-1-2 みそのビル7・8F

 予約・お問い合わせ078(331)2890

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス