文字サイズ

砂に恋した37歳女性にZOZO前澤社長も熱視線…「僕も久しぶりに砂場で遊びたいなー」

こよなく愛する淀川の砂で遊ぶ児玉理沙さん=大阪ふれあいの水辺
充実ぶりがすごい砂遊びセットで現れた児玉さん
左官用のコテと底を抜いた鉢を使ってタワーを製作
この砂が、あの淀川で? サラサラでふかふか
全くレキ(小さな石)が混じらない砂と、石だらけの通常の公園の砂(児玉さん提供)
5枚5枚

 昔はどこの公園にもあった砂場。おままごとをしたり、トンネルや川を作ったり…誰もが経験があるのではないでしょうか。ただ、最近では公園での設置が義務ではなくなった上、衛生上の懸念から「子どもを遊ばせたくない」という人も増えています。そんな中、砂に魅入られ、砂場復権に賭ける女性がいます。「本来の砂遊びの魅力を伝えて、全国に安全できれいな砂場を作れたら」と熱く語る「砂女」の素顔とは-。

 京都府の児玉理沙さん(37)。医療法人の広報担当として働くかたわら、ネット上に「砂場とあそびの研究所」を立ち上げ、ボランティアで砂の種類の紹介や、砂場遊びが子どもの成長に与える影響、楽しい遊び方を提案しています。

 もともと「砂場ってジメジメして薄暗いところという印象だった」という児玉さん。1児の母になっても「臭いし汚いし、子どもが何を口にするか分からない。絶対に連れて行きたくなかった」。ですが2年前、保育園の新設プロジェクトを担当し、砂場が必要か、設置するならどんな砂がいいかを考えることに。「砂」と言えるのは直径0・0625~2ミリの粒だけということ、砂には採取場所によって「川砂」「海砂」「山砂」「人工砂」があり、特徴が違うこと…。調べるうち「どんどんハマってしまった」と笑います。

 鳥取砂丘や中田島砂丘(静岡県浜松市)、九州や北関東など全国各地の砂を取り寄せては、顕微鏡で角の丸さや組成をチェック。何気なく目にしていた淀川で採れた砂が、実は粒子が細かく均等で水はけが良く、角が丸いため目に入ってもケガをしにくいとして、ゴルフ場のバンカーやビーチバレーのコート、競馬場のコースにも使われていると知りました。

 一方、公園の砂場はというと、粘土質の土や「砂」と呼べない大きさの石がたくさん混じっていたり、手入れが行き届かず動物のトイレになって汚れていたり。1993年の都市公園法改正で設置義務がなくなり、95年には幼稚園の設置基準からも外れ、作るかどうかは施設側の判断に任されるようになりました。国土交通省の調査では数も微減傾向で「大人が楽しむための砂はすごくこだわっているのに、子どものための公園は、大人も子どもも近寄らない場になっている。とても残念だと思ったんです」。

 「砂場って年齢に応じてさまざまな遊び方ができる。創造性だけでなく、年齢が上がればお友達と協調したり、協力して大きなお城を作り上げたり。海外では砂場を見直そうという動きもあるんです。日本でもそうなってほしい」

 一人で「研究所」を立ち上げて砂や砂場を調べ、自宅ベランダにミニ砂場を作り、子どもと出かければ砂遊びに熱中。ママ友に頼まれ「本気の砂場遊び」を指南したり、公園や保育園関係者から助言を求められたりすることも増える中、今年1月「ZOZO」の前澤友作社長の「100人に100万円お年玉プレゼント」に応募。見事当選し、前澤社長からのツイートには「僕も久しぶりに砂場で遊びたいなー」と書かれていたそうです。

 「本当にいい砂って、フカフカで太陽の匂いがして、掘るとしっとりして…。それにその地域で採れた砂を使えば、不思議と周囲の風景にも溶け込むんですよね」とうっとりした表情で語る児玉さん。かと思うと、真剣な目つきで左官道具と自作のパーツを使い、あっという間に二段タワーを作り上げる。その姿は砂への愛に満ちあふれていました。

 6月29日には大阪・北新地のスナック「キャンディ」で「大人の砂場ナイト」(午後8~10時)も開催するそうです。久しぶりに本気の砂遊び、いかがですか?

  ◇  ◇

「砂場とあそびの研究所」http://www.sunaba-asobi.com/

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス