文字サイズ

「平成の空気」1080円で買えます 岐阜県の平成地区で22日に採取

「平成の空気缶」商品イメージ(ヘソプロダクション提供)
空気詰めの作業が行われる「元号橋」(岐阜県関市提供)
岐阜県関市の平成地区にある道の駅平成(岐阜県関市提供)
平成地区の航空写真(岐阜県関市提供)
4枚4枚

 昭和から平成への改元で一躍注目を集めた岐阜県関市の平成(へなり)地区を舞台に、間もなく終わりを迎える平成の空気を缶詰にして商品化するというプロジェクトが進んでいる。22日には同地区にある元号橋で「平成最後の空気」を採取する公開作業が行われ、近くの「道の駅平成」で先行販売を始める。

 平成地区は1989年の改元時、元号と同じ漢字を使う全国で唯一の地名として脚光を浴び、全国からマスコミや観光客が押し寄せた。この「平成フィーバー」はやがて落ち着いたが、天皇陛下の生前退位による改元が決まると、再び注目が集まるように。道の駅平成など、地区を訪れる人は昨年秋ごろからどんどん増え、新元号の発表を間近に控えた3月ごろからはほとんどお祭り騒ぎのような状況が続いているという。

 ここに目をつけたのが、ユニークなグッズの企画・制作で知られる大阪の「ヘソプロダクション」社だ。かねてから「平成の締めくくりにふさわしいモノづくり」を模索していた同社は、平成の空気を採取して販売することを考案。空気の採取場所として、平成という時代と共に邁進してきた平成地区を選んだ。

 関市の職員で、このプロジェクトに携わる西部英利さんは「企画の提案を受けたときは、私たちにはできない発想で驚いた。一見くだらないけど、たくさんの人に喜んでもらえるのでは」と期待する。

 公開作業は22日午前10時から同10時半。平成生まれの地元の夫婦が空気を採取し、「令和時代でも良いご縁があるように」との祈りを込めて平成の5円玉を入れる。密封が完了した缶詰は順次、道の駅平成で売り出していく。

 ちなみに価格は1個1080円(税込み)。受け取り方は人それぞれだろうが、西部さんは「ネタとして楽しんでほしい」と話している。一般販売は4月27日から、ヘソプロダクションの特設サイトなどで行う予定。(まいどなニュース・黒川裕生)

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス