文字サイズ

ずわいがに缶にサーモン缶 リアルすぎる缶詰リングが「かわいすぎる」と大人気

本物そっくりの缶詰リング(ふじわらかつひとさん提供)
女性の指にもぴったりサイズ(ふじわらかつひとさん提供)
2枚2枚

 サバ缶にイワシ缶にと空前の缶詰ブームの中、あの人気商品をそのままちっちゃくして指輪にしてしまった「缶詰リング」が、SNS上で人気沸騰している。作品のツイートには「素敵です!」「いまだかつてこんなに指輪が欲しいと思ったことはない」「ぜひとも猫缶を!!」と4万7千件のリツイートと、16万5千件近い「いいね」が寄せられた。これを作ったのは誰?商品化の予定は??ご本人を直撃してみました。

 制作したのは、アートユニット「現代美術二等兵」のふじわらかつひとさん。ともに大阪出身で、大学の同級生だった籠谷シェーンさんと、それぞれが制作した作品を会場に持ち寄るスタイルで各地で個展を開催。「駄菓子」ならぬ「駄美術」と自ら名付けるように、リーゼントに細眉の「ぐれだるま」やダンベルになっている「こけしアレー」など、ジャンルにとらわれず、見るものをびっくりさせ、笑わせるネタな作品を、27年間も生み出し続けている。

 -なんとも魅力的な指輪ですね。

 「実は、リング自体は、2007年に開いた『カニ展』をしたときに作ったんです。でも、当時はラベルを自分でデザインしたんで、どうも出来が良くなかったのか、全然話題になりませんでした。で、缶詰人気にもあやかってリニューアルする際、思い切ってそのまま商品ラベルを生かしたら、我ながら非常にかわいかったんですよね」

 -サバと思ったら、サケでした。

 「ええ、サーモンです。もう一つはずわいがにです。缶詰売り場を見渡して、やっぱりこれが一番缶詰らしい缶詰だなあ、と決めました。でも実は作るのは大変で、3Dモデリングで型を取って、そこに樹脂を流し込み、ゴールドの塗装をしてあるんです。だから手が切れることはないですよ。ちなみに女性向けです」

 -商品化しないんですか?

 「ほかの作品も販売はしていないので、現時点ではないですが、もし、もしも企業の方からオファーがあればぜひ販売したいですけど…」

 -そのときのお値段も缶詰と同価格とか?

 「あ、いえ、それは企業さん次第ですけど、ちょっとそれでは採算が…」

 現物は、4月27日~5月6日に石川県金沢市の「しいのき迎賓館」で開かれる企画展「帰ってきた駄美術百万石」で展示されるそう。会場には140点もの作品が並ぶといい、「『平成に始まり、令和に終わる』展覧会をぜひ楽しんでください!」とふじわらさん。ちなみに、ふじわらさんの推し缶は「ほていのやきとり」だそうです。(神戸新聞・広畑千春)

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス