文字サイズ

スケートリンクが足りない ネット署名で「姫路に通年型リンク」求める女性スケーター

 「地元に1年中滑れるスケートリンクを復活させたい」と署名活動をしている女性スケーターがいる。兵庫・姫路市在住の三上潮香さん(39)だ。

 「私のように趣味で滑っている大人は増えています。通年営業のリンクがないことは、私たちはもちろん、選手を目指す子どもたちにとって本当に深刻な問題なんです」

 三上さんは、小学生の頃に3年間フィギュアスケートを習い、4年前に趣味として再開。すでに姫路には冬季のみのリンクしかなく、練習場所や時間にずっと苦心している。

 「兵庫西部のスケーターは、4月から11月の約7カ月は(近隣の)岡山や西宮の通年リンクで練習するしかありません。私は休日に車で2時間近くかけて行っています」

 特に競技志向の子どもたちには厳しい環境といえる。毎日通える距離に通年リンクがないと、遠方への送り迎えなどで両親の負担が増加。親子で苦労する姿を三上さんはたびたび見てきた。

 姫路市のジュニアスケーターにとって、全日本ノービス選手権(13歳以下の日本一を決める大会)への出場は難しくなっている。ノービスを含めた全カテゴリを見ても、同市出身の選手は全日本選手権に10年以上出場できていない。

 一方で、兵庫出身の現役フィギュア選手を列挙すると、紀平梨花、坂本花織、三原舞依など世界のトップが揃う。紀平は西宮市、坂本と三原は神戸市出身。西宮市や大阪・高槻市の通年リンクで練習できる環境にある。

 かつては羽生結弦も小学生の頃に練習拠点としていた宮城・仙台市の通年リンクが閉鎖し、営業再開するまでの約2年は伸び悩んだ時期でもあった。気軽にレジャーとしてのスケートを楽しむ機会も失われ、才能ある選手の発掘を逃すことにもなってしまう。

 かつての姫路市には通年リンク「姫路アリーナ」が存在。高橋大輔を振り付けたことで有名な元アイスダンサー・宮本賢二さんが練習していた。NHK連続テレビ小説「てるてる家族」でスケートを練習するシーンの撮影に使われたのも姫路アリーナだ。しかし、老朽化と経営難から2006年に閉鎖。その後、姫路スケート協会が存続支援を要請する1万人の署名を姫路市に提出するなど、営業再開を働きかけてきたが実現していない。

 全国的にスケートリンクは減少傾向。リンク数が比較的豊富とされる関西でも、通年リンクは5カ所しかない。京都市と大阪・泉佐野市に新設される計画はあるものの、既存のスケートリンクは一般利用客が多く、早朝や深夜の予約も埋まっている。フィギュアだけでなく、アイスホッケーやカーリングの需要も高まっておりリンクはまだまだ足りていないのが現状だ。

 リンクが増えれば、選手の発掘・育成だけでなく、スケーターのセカンドキャリアにも繋がる。三上さんも「スケートが本当に大好きなので、自分が滑るだけではなくスケート普及の力になりたい。リンクのスタッフやインストラクターに転職したいのですが、冬季のみのリンクでは収入面を考えると難しい」と残念がる。

 三上さんは昨年、ネットでの署名活動を始めた。

 「姫路市手柄山中央公園の再開発計画が出ています。ここは『姫路アリーナ』跡地のすぐ隣で、整備方針には『スポーツの拠点としての整備』という項目もありリンク建設に相応しい場所。姫路在住ではないので関係ない、と思われる方もいるかもしれませんが、通年リンクが増えることはスケーターとファンにとってはどの地域でも嬉しいことなので、全国の方にぜひご協力いただきたいです」

 4月に市長選が行われるため、その後に新市長と市議会に通年リンク復活の要望提出を目指す。まずは1000名分を目安に考えているが、現在集まっているのは700人程度。春までの達成を目指し、さらなる署名を呼び掛けている。(フリーライター・藤井七菜)

▼署名サイトはこちら

https://www.change.org/p/%E5%85%B5%E5%BA%AB%E7%9C%8C%E5%A7%AB%E8%B7%AF%E5%B8%82%E6%89%8B%E6%9F%84%E5%B1%B1%E3%81%AE%E5%86%8D%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%A7%E5%A7%AB%E8%B7%AF%E3%81%AB%E3%82%82%E9%80%9A%E5%B9%B4%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%92

関連ニュース

    デイリーペディア

      ライフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス