文字サイズ

ドンファン不審死が19年に新展開も…小川泰平氏が見解 家政婦は“疑惑”に反論

野崎幸助さんが急死した和歌山県田辺市内の自宅。真相はまだ明らかになっていない…(撮影・小川泰平)
1枚拡大

 2018年に起きた数々の事件の中で“紀州のドンファン”と称された和歌山県田辺市の資産家で酒類販売会社社長、野崎幸助さん(享年77)の不審死はいまだに真相が分からないまま、年を越そうとしている。はたして、このまま迷宮入りしてしまうのだろうか?元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は28日、デイリースポーツの取材に対して「2019年には動きがあるのでは」と見解を語った。

 5月24日に野崎さんが急性覚醒剤中毒で不審死してから7カ月。真相不明のまま、12月18日には田辺市内で野崎さんが経営していた会社の臨時株主総会が行われた。会社の財産処理などを協議したとみられる。野崎さんの55歳下の妻は10月に会社の代表取締役として登記されていたことも明らかになった。

 一方、22歳妻と共に野崎さんが死亡した自宅にいた60代家政婦も事件のカギを握っているかもしれない人物として注目され、メディアでもその姿が繰り返し報じられた。デイリースポーツは家政婦から話を聞いた。

 家政婦は取材に対して「全国で“有名人”になってしまって大変でした。道を歩いていても『お前が殺したんだろう!(野崎さんからもらえると言われている金額)4000万円はどうした!』と通りすがりの人にやじられ、私は『1円ももらってないわよ』と言い返したこともあります。社長が亡くなって私が得をすることは何もない。家政婦でお金をもらっていたんだから、生きていて欲しかった。世間で人殺し扱いされても、それを訴えてもしょうがない。我慢するしかないと思って黙っていました」と告白した。

 小川氏は「以前は『野崎社長から4000万円もらえるという話があった』などと、家政婦さんは言っていましたが、そのころから縁遠くなっていき、今はご機嫌うかがい程度に(22歳妻と)話はするけれど、お金の話はあえてどちらからもしないようです」と明かす。家政婦は12月の株主総会については知らなかったようで、野崎さんサイドとは距離ができつつあるようだ。

 では、今後の進展はどうなっていくのか。もう動きはないのだろうか。

 小川氏は「今の時点で年内に動きはなく、警察サイドは何もやっていないと思われる人がいるかもしれませんが、これだけの事件に対して何もやらないことはまずありえない。実際、押収された関係者の衣服など、捜査に必要な物はまだ返されていない物もある」と捜査が水面下で進行していることを示唆。同氏は「物を押収した野崎さんの関係者に捜査の進ちょく状況を伝えると情報がもれるので教えられない」と説明し、「新しい年に何らかの動きがあると思います」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    ライフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス