フランス人女性が日光で行方不明 小川泰平氏が女性の兄弟妹と共に捜索

7月29日以降、行方が分からなくなっているベロン・ティフェンヌ・マリー・アリックスさん(小川泰平氏提供)

 栃木県警は5日、同県日光市周辺を散策中だったフランス国籍の女性ベロン・ティフェンヌ・マリー・アリックスさん(36)が7月29日以降、行方が分からなくなっていると発表した。家族と接点のある関係者から情報提供を受けた元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏はこの日、ベロンさんの兄(38)、弟(31)、妹(33)と共に同市内を捜索。デイリースポーツの取材に、その詳細な状況を明かした。 関連ニュース 家政婦はドンファンと4000万円の約束!?沈黙破って小川泰平氏に電話  ベロンさんは母国で教員補助の仕事に就いており、観光で7月27日に来日。日光、青森・弘前、京都、東京などを回って今月15日に帰国予定だった。

 日光では28日にチェックインしたが、29日朝10時頃に食事をしているのをホテルの従業員に目撃されたのを最後に行方不明になっている。夜になっても戻って来ないことから、ホテル側が警察に連絡。警察からフランス大使館を経て家族に連絡が入り、4日、きょうだいが来日した。

 ホテルの部屋に残された旅行用のキャリーバッグは着替えなどでいっぱいで、パスポートは残されていたが、スマートフォン、財布、現金、クレジットカード類は見当たらなかったという。身長は163センチくらい、やせ形、髪は明るい栗色で肩までの長さだった。小川氏は、きょうだいから「今の彼女に一番近い顔」として提供された写真を示した。

 家族は「ティフェンヌは突然、意識を失うような持病があり、そのことが心配なので書いて欲しい」と小川氏に依頼。妹は「姉の病気が心配です。早く見つかって欲しい、何でもいいので情報が欲しい」と涙ながらに話した。兄と弟は「ティフェンヌは非常に慎重な性格ですが、日本人を本当にリスペクトし、信用していると思う。どなたか、見た方がいたら連絡をお願いしたい」と切実だった。

 目撃情報などの手掛かりがなく、小川氏は「警察は事件と事故の両面で調べています」と現状を語った。情報提供は日光警察署、電話0288(53)0110まで。

2018/08/06

関連ニュース