文字サイズ

日本、負けて16強 フェアプレーポイントでセネガル上回る 監督「成長する中の一つ」

後半、指示を出す西野監督(撮影・堀内翔)
試合後、GK川島(中央右)と喜ぶあう西野監督(同左)=撮影・堀内翔
後半、ポーランドに先制を許す日本イレブン(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「ロシアW杯・H組、日本0-1ポーランド」(28日、ボルゴグラード)

 日本が試合終了前5分で、負けているにもかかわらず攻撃をしないという前代未聞の戦術で0-1の敗戦を選択。0-1で敗れたセネガルをフェアプレーポイント差でセネガルを上回り、H組2位で2大会ぶりの16強進出を決めた。1位はコロンビア。

 同点にする時間があるにも関わらず守備ラインでボールを回す日本に対して、スタンドから大ブーイングが浴びせられた。

 先に日本が試合終了。コロンビアの1-0での勝利を受け、日本の16強が決まった。

 西野監督は負けを選択した戦術を「チームとすれば本意ではないですけど、勝ち上がる中での戦略的なところなので。選手も本意ではないと思うんですけど、こういう形も成長していく中の一つだと思います」と割切ったコメントをした。

 試合を通じて、「常に他会場の流れもありますし、多様性が常に問われるゲームだったと思います。ベンチワーク、ピッチの上の選手たちの対応は難しかったと思います」と選手を慮った指揮官。ベルギーかイングランドと対戦する決勝トーナメント1回戦へ「これからまた、強いチャレンジを持って入っていきたいと思います」と決意を新たにした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカーW杯ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカーW杯)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス