アルゼンチン代表・スカローニ監督 “師匠”率いるスペイン代表を応援「多くのものをもたらしてくれた」

 サッカーアルゼンチン代表のリオネル・スカローニ監督がコーチ講習で現スペイン代表のルイス・デ・ラ・フエンテ監督の教えを受けていたことを告白、スペイン代表の健闘を祈っているとした。

 記者会見でデ・ラ・フエンテ監督について問われたスカローニ監督は「2017年の(スペイン連盟主催の)コースで我々に多くのものをもたらしてくれた。彼は素晴らしい人物で個人的にも話をした。彼の表現の仕方、状況のコントロール、選手たちが彼に対して尽くしている姿というのは喜ばしいこと」と評価。「私の家族の一部はスペインでもあるし、彼らの幸運を祈っている」とした。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス