文字サイズ

なでしこ 2大会連続4度目V 池田監督「粘り強く戦えた」大会MVPは清水

 「東アジアE-1選手権、日本0-0中国」(26日、カシマスタジアム)

 日本代表「なでしこジャパン」は中国代表と0-0で引き分け、2勝1分けの勝ち点7で2大会連続4度目の優勝を果たした。1勝2分けで同5の中国が2位。最優秀選手(MVP)には日本の清水(日テレ東京V)が選ばれた。日本は植木(日テレ東京V)や千葉(千葉)が攻撃をけん引。得点は奪えなかったが無失点で切り抜けた。もう1試合は韓国が台湾を4-0で下した。韓国は勝ち点4、台湾は同0。

 負けなければ優勝が決まる日本は、最低限の結果を出した。今年のアジア・カップ準決勝で屈した中国に勝てなかったが、国内組主体で臨み、池田体制としては初めてのタイトルを手にした。

 前半から主導権を握り、ボールを保持した。2戦連続で先発した千葉や最前線に張った植木らがゴールへ再三迫ったが、シュートを決めきれなかった。後半は選手の距離を近くし、よりパスをつないで相手ゴールに迫る。サイドからも積極的にクロスを上げたが、得点には至らなかった。

 「目標の優勝を達成できてうれしく思う。中国戦は決着をつけたかったが、最後まで粘り強く戦えたところは良かった」と池田監督。主力の熊谷や岩渕ら海外勢が不在の今大会。来年のW杯に向けて新戦力を発掘し、組み合わせを試せたことは収穫だった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

スコア速報

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス