文字サイズ

神戸・酒井高徳「全てを懸けないといけないチームに見えなかった」最下位転落に奮起促す

 湘南に敗れ、グラウンドを引き揚げる神戸イレブン(撮影・棚橋慶太)
 後半、FKを蹴る神戸・イニエスタ(撮影・棚橋慶太)
 試合終了後、同点ゴールが取り消された事についてイニエスタ(左端)と審判に確認する神戸・ロティーナ監督(右端)=撮影・棚橋慶太
3枚

 「明治安田生命J1、湘南2-1神戸」(21日、レモンガススタジアム平塚)

 神戸が湘南との“裏天王山”に敗れ、再び最下位に転落した。1-2で迎えた後半54分、元スペイン代表MFイニエスタの放った直接FKがゴール右隅に吸い込まれたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入でFW武藤のハンドと判定され、ゴールは取り消された。

 DF酒井は判定について「不服なところはあるが負けたことが事実で認めないといけない」と受け入れつつ、「本当に情けないという気持ち」と敗戦を振り返った。

 序盤から球際で後れを取る場面が見られたことに「執念のところで負けた。全てを懸けないといけないチームに見えたかと言ったら、そうではなかった」と苦言を呈した。ミスを責めることはなく、残留争いを演じる相手との戦う姿勢に言及。「この状況を戦う上で、そのメンタリティーを持ち合わせていない場面が出ている。ミスがどうこうじゃない、走ること戦うことは誰にでもできる。湘南がどこで勝ったかというとそこ。球際のところで熱量が足りない。いってはいるけど100%ではない。熱量をピッチの中で感じられるか、見ている人が感じていなかったら出てないということ。次がないと思いながらやらなければいけないシチュエーション」と厳しい言葉を並べ、チームの奮起を促した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

スコア速報

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス