文字サイズ

なでしこ、新国立初代表戦で大勝 菅沢ハット「意味のある得点に」

 「女子国際親善試合、日本7-0パナマ」(11日、国立競技場)

 女子日本代表「なでしこジャパン」はFW菅沢優衣香(30)=浦和=のハットトリックなどでパナマ代表に7-0と大勝した。19年11月に完成した国立競技場での日本代表戦は男女通じて初めて。東京五輪では決勝の会場となる。

 新国立初の代表戦を「なでしこ」が担い、生まれ変わった聖地で大量得点を刻んだ。国際Aマッチで自身2度目のハットトリックを達成した菅沢は「意味のある得点になった」と笑みを浮かべた。

 8日のパラグアイ戦に続く7得点だが、明らかな格下相手との2連戦では手放しでは喜べない。東京五輪まで残された強化試合は3試合。コロナ禍で国をまたぐ試合は容易ではないが、欧州では11日に本番でメダルを争う米国とスウェーデンが対戦するなど強豪同士の対戦が組まれた。

 高倉監督や選手は最善を尽くした。一方で指揮官は6月に予定される親善試合で「五輪に参加するチームと対戦できるようにもっていきたい」と本音も漏らした。

 「ぜひここで決勝を迎えたい」と高倉監督は決意を新たにした。その思いを実現するためにも次回のマッチメークが問われる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス