文字サイズ

J1浦和・大槻監督の今季限りでの退任発表 後任はJ2徳島ロドリゲス監督就任へ

 J1浦和は25日、、大槻毅監督(つよし、47)と来季の契約を更新しないことで合意したと発表した。上野優作ヘッドコーチ、山田栄一郎コーチ(分析担当)、末藤崇成コーチ(分析担当)の契約満了も併せて発表した。

 大槻監督は昨季途中、成績不振で解任されたオリヴェイラ監督の後任として就任し、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準優勝に導いた。今季は30試合を終えて13勝6分け11敗の9位。ACL出場権を獲得する3位以内の可能性をわずかに残しているが、優勝争いには絡めなかった。

 大槻監督は「今シーズンをもって契約を満了することとなりました。シーズン終了後に改めてみなさまへ私からのコメントをお伝えさせていただきます。我々の目の前にはまだ4試合、大切な試合があります。まずはその試合に向けて、私に課せられた仕事を全うさせていただきます。これまでと同様、チームのサポートをよろしくお願いいたします」とクラブを通じてコメントした。

 後任監督について、浦和はJ2徳島のリカルド・ロドリゲス監督(46)に候補を一本化。複数の関係者によると、既に条件面などを提示しており、基本合意に達しているという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス