文字サイズ

A代表初フル出場のMF鎌田「チームメートとの関係性も浅い」課題は連係

 「国際親善試合、日本1-0コートジボワール」(13日、ユトレヒト)

 日本代表は後半ロスタイムに途中出場のDF植田直通(25)=セルクルブルージュ=のヘディングシュートが決勝点となった。守備では2試合連続の無失点とした。

 A代表で初のフル出場を果たしたMF鎌田大地(24)=フランクフルト=は「まず今日はすごいチャンスがあった。入れきらないとダメなシーンが多かった。前半は自分らしくないミスもあった」と勝利の中でも反省を口にした。後半13分にはペナルティエリアに侵入し、決定機を作ったが決めきれなかった。

 A代表で6試合目の出場となった鎌田は攻撃の課題に連係をあげた。「僕がけっこう浮いている状態で、パスをもっとつけてくれてもいいなと思った。そこらへんがまだチームメートとの関係性も浅いなと思った」と少ない活動時間で攻撃を構築する難しさを痛感した。

 それでも初めてのA代表90分間の出場は収穫となった。「本当にもっともっと、やればやるほど良くなると思う」。今後のさらなる向上に期待を膨らませた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス