文字サイズ

なでしこ田中陽子 スペインの現状伝える「自ら人工呼吸器を外して死を待っている」

 サッカー元なでしこジャパンのスペイン女子1部ウエルバMF田中陽子(26)が3日、ツイッターを更新。新型コロナウイルス感染拡大が深刻なスペインの現状を伝え、「この事実を知っておいてほしです」と訴えた。

 昨年6月にノジマステラ相模原を退団してウエルバに移籍した田中は「スペインの病院では人工呼吸器が足りず65歳以上の患者が自ら人工呼吸器を外して死を待っている。人工呼吸器も場所も足りないため、医師は患者の誰を助けるか話し合わなければならない」と、治療の優先順位を迫られているスペインの深刻さを伝えた。

 そして「現実とは絶対に認めたくないけど実際に起きている。政府も国民も一人残らずこの事実を知っておいてほしいです」と思いをつづった。

 スペイン保健省は同日、国内の感染者が11万7710人になったと発表。イタリアを上回り欧州最多となった。死者も1万935人となっている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス