文字サイズ

日本サッカー協会が欧州に拠点事務所の設置へ 代表候補の生活サポートで状態把握

 日本サッカー協会は13日、都内で理事会を開き、4月以降に欧州に拠点となる事務所を開設し、駐在員を置くことを決めた。

 現在約50人に増えた欧州クラブ所属の日本代表候補に対し、現地で食事や医療面など生活全般をサポートして状態把握に努め、代表招集に伴う移動などを調整する。関塚隆技術委員長は「代表のさらなる強化のため」と説明。ドイツのデュッセルドルフなど日本人街のある都市が候補に挙がっている。5月開幕の第100回天皇杯でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を準決勝から導入することも決めた。前回大会は決勝だけだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス