文字サイズ

J1横浜Mが実力派CB補強 J2水戸の堅守支える伊藤獲得へ

 J1横浜Mが今夏の新戦力としてJ2水戸のDF伊藤槙人(26)を完全移籍で獲得することが28日、分かった。複数の関係者によると既にクラブ間合意に達しており、近日中にも発表されるという。

 センターバック(CB)を主戦場とする伊藤は183センチながら空中戦に強く、スピードと足元の技術も兼ね備える。今季は全19試合にフル出場し、リーグ最少失点(10失点)を誇る水戸の最終ラインを支えている。

 横浜MはDFドゥシャンが左膝の負傷で離脱しており、復帰まで時間を要する見込みとなっている。J2で存在感を発揮する伊藤に対しては仙台も興味を示していたが、日本代表に成長したDF畠中を昨夏の移籍期間で獲得したように、今冬の争奪戦となる前に獲得へと踏み切った。さらに来季を見据え時間を掛けて横浜Mの特徴的なスタイルに適応させていく狙いもあると見られる。

 試合出場は登録期間が始まる7月19日以降で、最短で20日の神戸戦(ノエスタ)からとなる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス