文字サイズ

久保強気 V候補ウルグアイ戦「自信持って」勝利にこだわる

 「南米選手権・1次リーグ、日本-ウルグアイ」(20日、ポルトアレグレ)

 20日(日本時間21日)に1次リーグ第2戦のウルグアイ戦に臨む日本代表が19日(同20日)、現地で最終調整した。初戦のチリ戦は、日本の良さを発揮した場面もあったものの0-4で大敗。攻守に世界的名手をそろえる優勝候補・ウルグアイとの対戦も、厳しい戦いが予想されるが、MF久保建英(18)=レアル・マドリード=は「名前でサッカーをするわけではないので」と語り、強気に勝利を目指す。

 戦う前から相手にのまれるわけにはいかない。ウルグアイはDFゴディン、ヒメネス(共にアトレチコ・マドリード)ら屈強な守備陣が若き日本の前に立ちはだかるが、久保は真っすぐと前を見据えて言った。

 「名前でサッカーするわけじゃないので、その時に良いプレーができれば。今までの実績などはリスペクトはしつつ、自分たちも自信を持っていかなければいけない」

 チリ戦では巧みなタッチと軽やかなステップのドリブル突破など、前回王者に通用した局面もあった。MFビダルの激しいタックルを食らうシーンもあったが、試合を通して「そこまで段違いに強度が高いとは思わなかった。そんなレベルの違いを見せられたら、悔しがる気持ちもなかったでしょうし」。それでも「決定力だったりサッカーの本質の部分では、違いというか差を見せられた。点を取る、取られるというところ」。手応えと共に壁の分厚さも感じた。

 “サッカーの本質”を考えているからこそ、格上相手にも勝機を見いだす。「次の試合、シュート何本打たれようがこっちが決めて(完封して)勝てれば、そこの部分で自分たちがリードしているっていうふうに言える」。真剣勝負では過程、内容よりもこだわるべきは結果。だからこそ、ビッグネームにも臆することはない。

 「どの試合でも勝ちを求めるのは変わらない。先に点を取るのは大事。南米勢は自分たちよりもっと表現力、感情が豊かだと思う。(相手の失点時に)そこのマイナスな部分を突けていければ」。強く固い意志で、勝利への道を切り開く。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス