文字サイズ

チリのルエダ監督「日本は手強い相手だった」も「さらに強いチームが控えている」

 日本-チリ 後半、シュートを外し悔しがる久保建=サンパウロ(提供・共同通信社)
日本-チリ 後半、4点目を許すGK大迫敬=サンパウロ(共同)
日本-チリ 試合終了間際、ボールをカットされる久保建(21)=サンパウロ(共同)
3枚3枚

 「南米選手権・1次リーグ、日本0-4チリ」(17日、サンパウロ)

 日本に大勝した大会3連覇を目指すチリのルエダ監督が試合を振り返った。「日本は手強い相手だった」としつつも、「さらに強いチームが控えている。今は安堵(している)」と同組のウルグアイをはじめ、大会を勝ち進んでいく先も見据えた。

 試合開始直後は、日本にも中島がボールを持ち、パスをさばいたりドリブル突破をしかけたりと“いい時間帯”があった。しかし、ベテラン選手の多いチリは素早く対応。中盤のボール回収戦を制して、試合を掌握した。

 ルエダ監督は「日本は縦のプレーが多いので、それに合わせて(やり方を)変えざるを得なかった。エリック(・プルガル)の成熟度、ボローニャの経験がフィットした」と選手たちを評価。「日本のプレーを素早く理解して対応できた」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス