文字サイズ

J1・C大阪、新社長に元日本代表の森島寛晃氏が就任へ OB社長はクラブ初

森島寛晃氏
1枚拡大

 J1C大阪の新社長に元日本代表MFでクラブOBの森島寛晃氏(46)が就任することが7日、関係者の話で分かった。今月下旬の臨時株主総会を経て正式決定する。クラブOBの社長就任は初めて。

 森島氏は1991年にC大阪の前身であるヤンマーに入団。日本代表として98年、02年のW杯に2大会連続で出場した。02年日韓W杯では、C大阪の本拠地長居スタジアムで行われた1次リーグ・チュニジア戦でゴールも決めた。08年に現役を引退するまでC大阪一筋でプレー。09年からアンバサダーに就任し、C大阪の顔として幅広く活躍した。16年から配属されたチーム統括部で強化にも携わり、17年から同部フットボールオペレーショングループ部長を務めていた。

 15年に就任し、昨季はクラブ史上初タイトルとなったルヴァン杯優勝と天皇杯の2冠獲得などに尽力した玉田稔社長(65)は今季限りで退任する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス