文字サイズ

大迫ヘッドで今季3点目…GKノイアーの堅守破る納得の一撃

 Bミュンヘン戦の前半、ヘディングでゴールを決めるブレーメンの大迫(ロイター=共同)
1枚拡大

 「ブンデスリーガ、ブレーメン1-2バイエルン」(1日、ヴェーザーシュタディオン)

 ドイツ1部ブレーメンのFW大迫勇也はバイエルン・ミュンヘン戦で0-1の前半33分に今季3ゴール目を決めた。大迫はフル出場し、試合は1-2で敗れた。

 FW大迫がストライカーとしての駆け引きのうまさ、嗅覚の鋭さを感じさせる今季3点目を決めた。前半33分、左サイドへ展開し、クロスを中央で見事に頭で合わせた。ズーレとボアテングというドイツ屈指の両DFの間のスペースを突き、GKノイアーの堅守を破る一撃に「前に行くふりをしてうまく後ろのスペースを取れた。あとは落ち着いて触るだけだった」とうなずいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス