文字サイズ

天皇杯PKやり直しは主審のミスが原因 フェイントを失敗扱いにせず、やり直しに

 日本サッカー協会(JFA)は11日、都内で臨時天皇杯実施委員会を行い、6日にパロマ瑞穂スタジアム行われた天皇杯2回戦J1名古屋-JFL奈良クラブで、担当審判員による競技規則の適用ミスがあったとして、PK戦を1人目からやり直すことを決定した。試合は1-1で終了し、PK戦に突入。奈良クラブが5-4で制して、3回戦進出を決めていた。

 JFAは都内で記者説明会を行い、JFA専務理事の須原清貴天皇杯実施委員長と小川佳実審判委員長が出席して、謝罪し説明した。

 PK戦では奈良クラブの4人目のキッカーがキックする際の動きを、主審がフェイントと判断した。選手にやり直しを命じ、ゴールが決まった。だが、本来このケースでは当該選手を警告とし、キックは失敗扱いとなる。失敗扱いとなれば、PK戦は名古屋が4-2で奈良クラブを下すという結果で終了していた。

 JFAはPK戦のやり直し日時については、追って発表するとした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス