文字サイズ

C大阪、9・23仙台戦で「メガネデー」 推定50万円特注メガネで写真撮影も

C大阪は23日の仙台戦で「メガネデー」を開催する(写真は柿谷曜一朗)
C大阪は23日の仙台戦で「メガネデー」を開催する(写真は池田愛恵里)
2枚2枚

 J1C大阪は13日、仙台戦(23日、金鳥スタジアム)で「MEGANE DAY(メガネデー)」を開催すると発表した。当日はメガネにまつわるさまざまなイベントを用意する。

 メガネのアイガン協賛ブースでは、メガネを着用して来場した先着1000人にオリジナルトートバッグをプレゼント。100年以上の歴史をもつ“メガネの街”福井県鯖江市ブースでは、メガネ着用で来場した人に、通称メガネチョコと呼ばれる「エイトチョコレート」をプレゼント。また、C大阪のエースナンバー8番にかけた「特大エイトチョコレート」のフォトコーナーも登場する。

 イベントに合わせ、C大阪は鯖江市と協力して「CEREZO OSAKA」の文字をあしらったオリジナルメガネを製作。推定50万円の特注品はフォトブースに用意されており、写真撮影を楽しむこともできる。

 牧野百男鯖江市長は「メガネイベントにメガネの町、鯖江にお声かけいただきありがとうございます。ご提案いただいたデザインには正直驚きましたが、鯖江のメガネの技術は何でもできることを証明しました。選手、サポーターの皆さんに喜んでもらえるとうれしいです。鯖江のメガネで相手の戦術を見通し、セレッソ大阪の未来がよく見えるように、優勝目指して頑張ってください。サポーターの皆さんのおメガネにかなうプレーを期待します!メガネの町、鯖江は、セレッソ大阪を応援しています。サポーターの皆さん、23日はメガネをかけて応援しましょう!」とコメントを寄せた。

 C大阪は今季、多くのユニークなイベントを行ってきた。4月1日の横浜M戦ではエープリルフールに引っ掛け、選手が丸刈りにした告知ポスターを作製し、8月5日の札幌戦では水着で来場した人に観戦チケットを無料でプレゼントする、Jリーグ史上初の企画も実現。8月26日の鹿島戦では人気お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」をJリーグとして初めて特別ゲストとして招いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス