文字サイズ

鹿島・鈴木が開幕3戦連発弾!リーグ戦初先発でチームに勝利もたらす

 「明治安田生命J1、清水2-3鹿島」(18日、IAIスタジアム日本平)

 2連覇を狙う鹿島はFW鈴木優磨(20)の公式戦3試合連続ゴールなどで清水に3-2と逆転勝ちした。

 また決めた。1点差として迎えた後半34分、鈴木が左後方からのMF永木のクロスを頭で合わせる同点弾。その際に負った鼻血を拭いもせず、歓喜の輪の中心でほえた。

 「十分過ぎる時間があった。普段は10分、5分で仕事をしている。15分あれば絶対にいけると思った」

 リーグ戦初先発。これまではサブとして短時間での仕事が求められてきた。1点をかえしたのが後半29分。残り時間、点差。確信した。「1点取って相手がバタバタすると思った。2点取っていけると思った」。金崎の決勝弾が生まれたのはその6分後。11分間で逆転劇は完成した。

 これで公式戦8戦5発、3試合連続ゴール。「先発で使ってくれれば点を取る自信はある」。不動のエースとなるべく、20歳はさらに進化する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス