文字サイズ

なでしこ2勝で5、6位決定戦へ 横山2発!勝利に貢献

 ノルウェー戦で得点し喜ぶ横山(右)
1枚拡大

 「サッカー女子・国際親善試合・アルガルベ杯、日本2-0ノルウェー」(6日、ポルトガル)

 1次リーグ最終戦が行われ、2組の日本代表はノルウェーに2-0で勝った。2勝1敗の勝ち点6で同組2位となり、大会最終日の8日に5、6位決定戦で3組2位のオランダと戦う。FW横山久美(23)=長野=が後半14分に先制点を挙げ、試合終了間際にも加点する活躍をした。2組の1位は勝ち点7のスペインだった。

 横山が2ゴールを奪い、勝利に貢献した。1点目を決めた後には喜びを表さず「代表で1試合2点はなかったので意識していた。1点入っただけではあまり喜べなかった」と頼もしい言葉を口にした。

 献身的なプレスやパスを引き出す動きも含めて労を惜しまず走り、試合を通して別格の働きぶりだった。「フル出場はリオ五輪のアジア予選以来1年ぶり。スタッフには『すごく体力がついたね』と言われているので、そこはうれしい」と自信を深めていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス