文字サイズ

【44】モンゴリアン・チョップ

 蒙古の怪人キラー・カーンの代名詞。両腕を大きく広げ、相手の首筋から肩にかけての位置に「キエーッ!」という奇声を張り上げながら打ち下ろす。現在は猛牛・天山広吉が受け継いでおり、観客がこの技に合わせて「シューッ!」と息を吐き出すのがお約束になっている。総合格闘技では00年のPRIDE GPで桜庭和志がホイス・グレイシー相手に繰り出している。

 ▽主な使い手=橋誠

 ※固有名詞などの表記は当時のもの(敬称略)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      プロレス技50選最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(リング)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス