文字サイズ

田中恒成がKO宣言「世界への最終ステップに」迎え撃つ王者の橋詰「なめんなよ」

 「ボクシング・WBPアジアパシフィック・スーパーフライ級タイトルマッチ」(29日、後楽園ホール)

 前日計量が28日、都内で行われ、王者の橋詰将義(28)=角海老宝石=は52・1キロ、挑戦者で同級1位の田中恒成(27)=畑中=は52・0キロでともに1回目でパスした。

 田中は20年大みそかに4階級制覇をかけてWBO世界同級王者の井岡一翔(志成)に挑戦して敗れて以来の再起2戦目。世界返り咲きを目指して、3月から4月にかけては米国で長期合宿を行い、名伯楽のイスマエル・サラス氏の指導を受けた。

 現在はWBC、IBF、WBOの世界ランク入り。この試合の位置づけについては「この舞台は俺には似合わないから、それをリングの上で結果として表したい。KOします。世界チャンピオンになりたい人間と必ずなる俺のような選手は絶対違う。その差を、実力も気持ちも、明らかに見せつけようと思います。明日の試合を世界戦への最終ステップにする気持ち」と自信たっぷりで、約7年8カ月ぶりの後楽園ホールでの試合にも、「ここで試合してちゃダメだと思う」と言い切った。

 一方、初防衛戦でビッグネームを迎え撃つ橋詰は「世界ランキングも一桁に入っているし、3階級制覇してすごい実力のある選手なので、ここでしっかり初防衛したら評価が上がると思う試合」と意欲十分。田中の強気な発言を聞いても「(王座の)ランク的に言ったら一つ下げてきてるじゃないですか。なめんなよって感じですね。世界の壁にぶち当たったからWBOアジア(パシフィック)に挑戦するだけでしょ。試合前はなんぼでも言えるんでね。リングの上で分からせるだけですよ」と闘志を燃やした。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ファイト最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(ファイト)

写真

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス