文字サイズ

武尊 天心と会うのは「お互い引退してから」「格闘技界にいる間は仲良くなれない」

 休養を発表する武尊(撮影・金田祐二)
 休養を発表する武尊(撮影・金田祐二)
 中村拓己プロデューサーにベルトを返上する武尊(撮影・金田祐二)
3枚

 K-1ワールドGPスーパーフェザー級王者の武尊(30)=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST=が27日、都内で会見を開き、格闘家人生を無期限休養することを表明した。また、数年前からパニック障害とうつ病を患っていることを公表した。

 武尊は19日に東京ドームで開催された格闘技イベント「THE MATCH 2022」で、日本格闘技史上最大の一戦と言われたRISE世界フェザー級王者の那須川天心(23)=TARGET/Cygames=との試合で判定負け。那須川天心への思いを問われ、「天心選手がいたから、苦しかったこともありましたし。たくさんあったんですが、いなかったらこの年まで格闘技をやれていない。天心選手という存在がいたからモチベーションを落とさず強さを維持できた。言葉では表せないが同じ時代に戦いの世界にいてくれて感謝しかない」と実感を込めた。

 ふたりで会って話したいか問われると、否定。「お互い引退してから。天心選手はボクシングで活躍するだろうし、同じ格闘技界にいる間は仲良くはできない」と語った。

 再戦についても否定的な考えを示した。「悔しいから家に帰った時は対策考えて、何がダメだったか朝まで考えた」としながら、「天心選手はボクシングになり、階級も変わっていく。(気持ちが)100%固まっているわけでないから断言したくないが、直接的な戦いだけじゃない戦いもある。そういう意味での戦いは一生続いていく」とうなずいた。

 武尊は今後について「この10数年プロでやってきて、本当にファイトスタイル、酷使するやり方をやってきて、公表してないところもけがに悩まされ、それも含めて今回、格闘家として、一回歩みをストップさせてもらい、休養させてもらおうかなと思います」と表明。そして、言葉を選びながら「数年前からパニック障害とうつ病と診断されていて、その部分が昔からあったので。そことうまく付き合いながら、今回の試合、約1年、決まるまでの数年間、心が耐えられるのか、体調が悪くなる時期もあって」と告白した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ファイト最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(ファイト)

写真

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス