文字サイズ

RIZIN・榊原CEO、メイウェザーの会見だけで2億円ゲット発言「全部ウソ」

 総合格闘技RIZINの榊原信行CEOは24日、都内で開かれた会見で、元ボクシング5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が記者会見だけで150万ドル(約2億円)を得たと発言したことについて、「全部ウソですから」と明かした。

 朝倉未来(トライフォース赤坂)とRIZINの9月大会でエキシビションマッチを行うことが決まっているメイウェザー。14日に米国で開かれた発表会見に出席した後、YouTube上で150万ドルを得たと公言していた。

 この件について榊原CEOは「全部ウソですから。でも、彼はそれぐらいの労働の対価と思っているんじゃないですか」と断言。しかし、「ファイターであれだけ話せる人はいない。彼はボクシング界でもアウトローじゃなくで本家本流を歩む、その中での未来とのエキシビションマッチ。海外的にも注目されるものになると思う」と評価した。

 また、今後にメイウェザーが日本で会見する可能性を問われると、「効果と費用のバランスが取れない」と苦笑。メイウェザーが来日する場合は自家用ジェット機を使用するため「燃料費だけで30万ドル(約4000万円)かかる。駐機場代、パイロット、セキュリティーなどを含めると5000万(円)仕事になる」と明かした。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ファイト最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(ファイト)

写真

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス