文字サイズ

山根明前会長 那須川天心のボクシング転向に太鼓判「120%世界王者になります」

 会見を行った(左から)山根明氏、高橋知哉、エンセン井上
 「SPIRIT」の開催を発表した(左から)山根明氏、高橋知哉、エンセン井
2枚

 日本ボクシング連盟前会長の山根明氏(82)が20日、那須川天心(23)のプロボクシング転向に太鼓判を押した。

 この日、大阪府生野区の山根前会長の夫人が経営するラウンジで会見を実施。総合格闘家のエンセン井上(55)に賛同し、総合ルールでの世界最強決定戦「SPIRIT」を9月4日に京都府亀岡市のガレリアかめおかで開催することを発表した。

 会見の中で那須川のボクシング転向について問われた。山根前会長は以前、フジテレビの番組で那須川と共演したことを振り返り、「非常に礼儀正しい青年。最後はうちの女房もツーショットを撮っていた」と明かす。

 19日の武尊との「THE MATCH」も見ているといい、「パンチの速さ、タイミングが素晴らしい。国際式でも100%通用します。120%世界チャンピオンになります」と断言した。

 武尊の強さもたたえながら「天心は賢い。ボクシングはバカではできない。天心は頭が切れる」と絶賛。「練習でできるものではなく、持って生まれたもの。神から与えられたセンスがある。井上尚弥に次ぐ選手になるでしょう」と予告した。

 エンセンが代表を務めて旗揚げする「SPIRIT」では今後、アジアタイトルマッチなどの予選を経て、最終的には世界トーナメントの開催を目指す。9月の興行のメインイベントでは、山根前会長が2019年に設立した新団体「WYBC(ワールド・ヤマネ・ボクシング・チャンピオンシップ)」のヘビー級王者である高橋知哉(34)=BONECRASH=がイングランドベアナックルファイトの元王者であるフランシス・ジョゼ・メシア(39)=ペルー=と総合ルールで対戦する。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ファイト最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(ファイト)

写真

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス