文字サイズ

2年ぶり復帰戦の木村翔、勝って井岡と「やりたい」反則被害で「中国行きたくない」

 「ボクシング・8回戦」(9日、後楽園ホール)

 前日計量が8日、都内で行われ、元WBO世界フライ級王者で現OPBF東洋太平洋同級10位の木村翔(33)=花形=は50・8キロ、堀川龍(22)=三迫=は50・7キロでともに1回目でパスした。

 木村は約2年3カ月ぶりの試合。日本での試合は18年9月に名古屋で田中恒成(畑中)に判定で敗れて同王座を失って以来、約3年8カ月ぶりとなる。中国で知名度が高い木村は田中戦後に中国で再起戦に勝利し、19年5月に同じく中国でWBA世界ライトフライ級王者カルロス・カニサレス(ベネズエラ)に挑戦して判定負け。その後、所属していた青木ジムが休会となったため花形ジムへ移籍し、20年2月にフィリピンで再起戦に勝利したのが最新の試合となっている。

 21年12月には中国で現地の人気キックボクサーとエキシビションマッチを行い、体格が大きく上回る相手から足をかけて倒す、投げで頭から落とすなどの悪質な反則攻撃をされたことで日中で大きな騒ぎになった。波瀾万丈の時を過ごして迎える久々の試合にも木村は「試合間隔はやってみないとわからないですけど、あまり関係ないと思う。しっかり練習して、休んでいたわけではないので」と強調した。

 花形ジム移籍後は元世界王者の花形進会長、元日本スーパーバンタム級王者の木村章司トレーナーの指導を受け、「ボクシングの取り組み方、考え方も変わった」という。タフネスとスタミナが武器のファイター型だったが、「間違いなく前の自分とは違うスタイルになっている。前に出て打ち合うだけだったけど、よけて打つ」と進化に手応えを感じ、「まだ伸びしろがあるなと思うし、やっていて楽しい。久々の試合だし、目標はもっと高いところにあるので、しっかり倒して勝ちたい」と意気込んだ。

 目標は世界王者返り咲きだが、「どうしてもやりたい」とWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(志成)への挑戦を熱望。そこへつなげるために、「勝たないとどのチャンスもない。まずは勝つこと」と義務づけた。

 また、中国でのエキシビションマッチについては「よく分からないんですよ、オレも」と苦笑。中国での試合経験は多いが、「基本的には相手のルール無視で、ケガしなかったからよかったですけど、あまり中国へ行きたくない。(感染対策が)厳しくて隔離もあったので、めちゃくちゃ病みましたね。また中国で人気が出て、来てくれという話もあるんですけど、気持ち的には行きたくない」とうんざりした様子だった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ファイト最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(ファイト)

写真

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス