文字サイズ

ゴロフキン「最も尊敬している人に贈る」村田に贈った民族衣装チャパンに込めた意味

 試合後に健闘をたたえ合うゴロフキン(左)と村田諒太(撮影・棚橋慶太)
 村田諒太に勝利し、勝ち名乗りを受けるゴロフキン(撮影・高石航平)
 リングに上がった村田諒太(右)とゴロフキン(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「ボクシング・WBA・IBF世界ミドル級王座統一戦」(9日、さいたまスーパーアリーナ)

 IBF世界ミドル級王者のゲンナジー・ゴロフキン(40)=カザフスタン=が9回2分11秒TKOでWBA同級スーパー王者の村田諒太(36)=帝拳=との激闘を制し、2団体統一を果たした。

 人格者で知られるゴロフキンは村田とリング上で3度抱き合った。「村田選手は五輪王者でスーパー王者にふさわしい戦いを見せた。日本で一緒に戦えたことを誇りに思う」と敗者をたたえた。

 そして入場時にまとったカザフスタンの民族衣装チャパンを村田に着せた。「チャパンは最も尊敬している人に贈るもの。村田選手に敬意を表した」。激闘の結末は美しかった。プロモーターのトム・ロフラー氏によると、ゴロフキンがチャパンを贈るのは村田が初めてだという。「村田選手へのリスペクトだ」と勇敢に戦った日本の英雄に賛辞を送った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ファイト最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(ファイト)

写真

話題の写真ランキング

リアルタイムランキング

注目トピックス