文字サイズ

村田諒太 ゴロフキン戦4月決定 延期ビッグマッチついに実現へ“ラストチャンス”

 昨年12月29日に予定していたがコロナ禍の影響で延期となったボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太(36)=帝拳=とIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(39)=カザフスタン=による王座統一戦が4月に開催されることが12日、分かった。帝拳ジムの本田明彦会長が明らかにしたもの。この日36歳の誕生日を迎えた村田は延期決定から現在に至るまでの心境の変化を告白した。

 大一番は4月に決まった。新型コロナウイルスの新変異株の影響で延期となった昨年12月の村田-ゴロフキン戦だが、本田会長によると2月下旬に一度は設定したという。サッカーW杯最終予選などとともに外国人の新規入国原則禁止の特例が認められる方向で政府と調整を進め、ゴロフキン側には年明けに返答することを約束。だが政府の決定がずれ込んだために断念した。

 その上でこの日、本田会長は改めて日程を4月に再設定したことを明言。「ウチがどれだけ苦労したかを知っている」とゴロフキン側の理解は得られているといい、「4月に懸けるしかない。4月がダメなら村田も精神的に持たない。なくなったらあきらめるぐらいの覚悟でいる」と、再度流れれば消滅する可能性も示唆した。

 2年以上も試合を行えず、村田はこの日36歳の誕生日を迎えた。昨年は「なかなか形容しがたい年。試合をしている選手がうらやましいと思う気持ちもありました。それをトータルして悪い年だったかといえばそうでもない。いろんなことがあった年」と振り返った。延期後は「頑張るんだ、やれるんだ」という時期が10日ほどあり、その後は「やっぱり疲れるんですよ。心が落ちてしまう」という時期が10日ほど続いたが「今は平常に戻っている」という。

 延期後も残留しているメキシコから招いた2人のパートナーとのスパーリングは継続。「実戦練習を多く積めていますし、ぶっつけ本番みたいな形にはならないと思うので、よかったとは思う」。あとは情勢が悪化しないことを祈るだけだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス