文字サイズ

井岡一翔 陽性判定で「人生が終わるのではないかと」JBCに謝罪と再発防止訴える

ドーピング問題について会見を行った井岡一翔=東京・丸の内の日本外国特派員協会(撮影・堀内翔)
記者会見に臨む井岡一翔=東京・丸の内の日本外国特派員協会(撮影・堀内翔)
ドーピング問題についての記者会見に臨む井岡一翔=東京・丸の内の日本外国特派員協会(撮影・堀内翔)
3枚

 WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(32)=Ambition=が25日、都内の日本外国特派員協会で会見を開いた。昨年12月31日に行われた田中恒成(畑中)との世界戦で日本ボクシングコミッション(JBC)のドーピング検査で違反の疑いをかけられた件について直接の謝罪を求めると共に再発防止を強く訴えた。

 黒のスーツに黒のネクタイを締めて弁護士と共に会見場に現れた。井岡が冒頭で文章を読み上げた。

 「JBCのミス、ずさんな尿検体の管理が原因でドーピングという誤った結果が生じたという、起こってはいけない事実が明らかになってから1カ月以上経ちました」。

 陽性判定を受けてからの期間を「私は人生が終わるのではないかという気持ちになりました」と訴え、「JBCの理事長はオンラインの会見で私に直接謝罪したいと仰っていましたが、現在まで謝罪は実現していません」と明かした。

 謝罪については弁護士は「JBCとこちらのサイドでどういう形で受けるのか、内容をどうするのか協議中」と説明。井岡も「形式的な謝罪では終わらせたくない」と話した。

 今後について「早期に謝罪を受け、この問題をスッキリさせて次戦に向けて調整したいです。今回たまたま私が対象者でしたが、他の選手が嫌疑をかけられる可能性も十分にありました。このような選手が現れないようにきっちり対応して欲しいです」と強く訴えた。

 井岡サイドは5月31日に日本プロボクシング協会(JPBA)に上申書を提出したと発表。(1)JBC執行部の責任を求め、現委員の退任(2)個人情報がマスコミにリークされた原因を追及し明らかにする(3)ドーピング検査を整備し、ドーピング検査を国際基準に準拠させる(4)井岡・田中両選手に対して誠意ある謝罪をし、名誉回復を講じる-の4点を上申した。

 JBCは弁護士への謝罪とホームページに謝罪文の掲載をしている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス