文字サイズ

那須川天心がボクシング転向発表!来年3月にキック引退「ゼロからのスタート」

 キックボクシングのRISE世界フェザー級王者の那須川天心(22)=TARGET/Cygames=が10日、来年にキックボクシングを引退し、プロボクシングに転向することを発表した。今後キックボクシングの試合は最少で2戦、最多で4戦を行う予定。22年3月開催予定のRISEで最後の試合を行い、22年中のボクシングデビューを目指す。

 キックボクシングのRISEを主戦場に39戦全勝(28KO)の戦績を残して“史上最高の天才”などと呼ばれる日本格闘技界のトップスター那須川。総合格闘技RIZINにも参戦して総合格闘技でも4戦全勝、18年大みそかには勝敗の記録が残らないエキシビションマッチで元ボクシング5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)とボクシングルールで対戦して1回TKOの惨敗を喫したものの、海外でも知られるようになった。

 だが、キックボクシング界では敵なしと言える存在でマッチメークも難しい状況であり、以前から近い将来のキックボクシング卒業を公言していた。ボクシングの帝拳ジムで練習をしていることも知られており、1月にはSNSで練習風景を公開。ボクシング技術も世界王者になれる才能と評する声も多く、転向は濃厚と思われていた。

 この日、那須川はプロモーション提携先を通じてコメントを発表。転向の理由を「プロ格闘家の道に進ませてくれたキックボクシングには愛着もあり、感謝の念が強いです。しかし、まだ22歳。無敗のチャンピオンとして挑まれる立場のキックボクシングからいったんここで卒業し、自分がゼロからの挑戦者になれるボクシングの道を次のフィールドとして選びました」と説明した。

 残り少ないキックボクサー生活については「全試合KOしたい。ただ、引退へ向けたカウントダウンとなる数試合だからといって、いつもと何か変えるのではなく、これまで取りの準備、調整をして試合に臨みたい」と完全燃焼に意欲。ボクシングへの意気込みを「ゼロからのスタートなので、挑戦者としての那須川天心が勝ち上がっていく姿をぜひ見ていただきたいです」と語った。

 ボクシングへ転向する前には大仕事が一つ残されている。立ち技格闘技K-1ワールドGPスーパーフェザー級王者の武尊(29)とのドリームマッチだ。両者の対戦は長年ファンから期待されながらも実現せずにいたが、昨年大みそかのRIZINに出場した那須川のもとを武尊が訪れて対戦を誓い合い、大きな一歩を踏み出した。

 そして、3月28日のK-1には逆に那須川が訪れ、レオナ・ペタスとの頂上決戦を制した武尊から「天心選手と最高の舞台で最高の試合をやりたい。よろしくお願いします」と呼び掛けられた。その翌日にはK-1の中村拓巳プロデューサーが調整へ動く考えを示唆している。この一戦を実現させ、勝利で突破してこそ、那須川のボクシング転向は意味あるものにある。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス