文字サイズ

ノア、DDTなど4団体 6・6「サイバーファイト・フェスティバル2021」開催

 プロレス団体のノア、DDT、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレスを運営するサイバーファイトは26日、都内で会見を開き、6月6日にさいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで4団体合同興行「サイバーファイト・フェスティバル2021」を開催すると発表した。

 興行では各団体による提供試合のほか、DDTが管理するKO-D無差別級選手権、ノアが管理するGHCヘビー級選手権、東京女子が管理するプリンセス・オブ・プリンセス選手権の3大タイトルマッチ、団体交流戦なども予定。さいたまスーパーアリーナのメインアリーナは2万人以上を収容し、国内では新日本プロレスが毎年1月に開催している東京ドーム大会に次ぐ規模の興行になりそう。

 開催の意義について、サイバーファイトの高木三四郎社長は、サイバーエージェント傘下で東京女子とガンバレ☆プロレスも運営するDDTとノアが20年9月に経営統合してサイバーファイトを設立した際に「それぞれの団体の魅力を伝えることのできるロックフェスティバルのような企画できないかと思っていた」といい、「それぞれの団体のファンや世間の人たちに改めてプロレスの魅力をお伝えできれば」と説明した。

 ノアはさいたまスーパーアリーナ初進出。12日には日本武道館大会を成功させており、ノアで活動するサイバーファイト副社長の丸藤正道は「ビッグマッチのスケールがどんどん上がってきている。選手、スタッフ、大変モチベーションが上がっていますし、ファンの方々の声を聞いていても期待しか感じることができません」と上昇機運を実感。「オリンピックも大変な中、たくさんの方に見ていただいて、こんなに楽しいんだ、こんなに元気になるんだというのを、日本のみならず、世界中の人たちに感じていただきたい」と意気込みを示した。

 また、高木社長は定期開催について「サイバーファイトは業界で1番の座を目指していきたい気持ちもある」と、業界最大手の新日本を追い越す意欲を示しつつ、「正直、まだまだ世間に届いていない部分が大きい。まずは世間に届けていくことを考えたいので、基本的には定期開催できればいい」との考えを示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス