文字サイズ

井上尚弥の弟拓真が再起戦で完勝!OPBF東洋太平洋バンタム級新王者に

東洋太平洋バンタム級タイトルを獲得した井上拓真
6回、栗原慶太(下)を攻める井上拓真=後楽園ホール
再起戦に勝利した井上拓真=後楽園ホール
3枚

 「ボクシング・OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ」(14日、後楽園ホール)

 元WBC世界バンタム級暫定王者で挑戦者の井上拓真(25)=大橋=が王者の栗原慶太(28)=一力=を3-0の9回負傷判定で破り、スーパーフライ級に続くOPBF2階級制覇を達成した。19年11月にノルディーヌ・ウバーリ(フランス)に敗れて暫定王座を失ってからの再起に成功した。

 15勝中KOが13という栗原の強打を軽やかな足さばきで完封。1回に偶然のバッティングで栗原が左目上をカットするアクシデントもあったが、素早い出入りから左フック、右ストレートを次々と突き刺し、栗原の出血がひどくなった9回に試合がストップした。

 WBA・IBF統一バンタム級王者の尚弥(大橋)を兄に持つ拓真はリング上で「またスタート地点に立てたので、ここから兄に少しでも追いつけるように、また兄弟世界チャンピオンを目指して頑張りたいと思います」とファンに誓った。

 打ち合うことなく、冷静に自分のボクシングを貫いての完勝に、「いつもだったら打ち合ってダラダラいくみたいな感じだったんですけど、相手に付き合わずに自分のボクシングをするというテーマの中でやったので、それを少しでも出せたと思う」と満足顔。試合のなかった1年2カ月間には、父の真吾トレーナーからスパーリングで自分の距離を徹底するよう指導されたといい「そういう面も出せたので、いい経験になりました」。真吾トレーナーも「成長を見せられたな」と目を細めた。

 拓真は現在WBCとWBOの世界7位にランクされているが、IBF世界4位でもある栗原を破ったことでIBFの上位に食い込み、王座が射程に入る見通し。だが、IBFの王者は兄であることから、所属ジムの大橋秀行会長は今後について「いろいろ視野を広げて考えたい」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス