文字サイズ

最強タッグ・芦野&羆嵐、イザナギ&入江破り3勝目「優勝いけるんじゃない」

 「プロレス・全日本」(23日、後楽園ホール)

 元WRESTLE-1で初出場の芦野祥太郎、羆嵐組が入江茂弘、イザナギ組を破って3勝1敗とし、3戦全勝で首位を走る関本大介、アブドーラ・小林組と勝ち星で並んだ。入江、イザナギ組は0勝3敗。

 連係の良さを見せてイザナギを長時間つかまえるなど優位に試合を進めた芦野と羆嵐。入江にビーストボンバー、ブラックホールスラムなどで反撃され、終盤には芦野がゼウスの代役出場であるイザナギにゼウスの持ち技である三沢式フェースロックを決められるなど追い込まれたが、最後は芦野がアンクルロックでイザナギをギブアップさせた。

 試合後、芦野が「羆嵐のセントーンだけじゃなねえんだよ。オレのアンクルロックも忘れちゃダメだよ、お前ら。全日本ファン、そして最強タッグに出ている人間たち、どっちも警戒しないと。このまま1敗なら優勝いけるんじゃない」とアピールすると、羆嵐も「これ、もらったな」と高笑い。続けて芦野が「今日、コロナでゼウスが出てなかった。その中で、イザナギからオレが取ったけど、もう1回やろうよ。久々に入江と。WRESTLE-1の頃にバチバチやり合ってんだよ」と再戦を呼び掛けた。

 続けて、次戦の相手が元ECWの田中将斗、TAJIRI組と知らされると、芦野は「中学生の頃、ECWずっと見てたよ。でもね、俺の嫌いなプロレスがECW。凶器とか使うでしょ。竹刀持ってこい。テーブル持ってこい。オレとクマ(羆嵐)で全部へし折ってやるから」と挑発した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス