文字サイズ

GLEATプレ旗揚げ・藤田和之が秋山準に6人タッグで勝利!再戦へ「相手してやる」

 「プロレス・GLEAT」(15日、後楽園ホール)

 ノアの元親会社リデットエンターテインメントが立ち上げた新団体のプレ旗揚げ戦が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため入場者数が制限された中、612人の観衆を集めて開催された。

 役員には元新日本プロレスの長州力、元WRESTLE-1のカズ・ハヤシ、東京愚連隊のNOSAWA論外、元UWFの田村潔司氏が名を連ね、それぞれの世界観が表現されたUWFルール2試合、プロレスルール3試合をラインアップ。スーパードリームマッチと銘打たれた最終試合はプロレスルールで秋山準(DDT)、関本大介(大日本)、谷口周平(ノア)-杉浦貴(ノア)、藤田和之(藤田事務所)、ケンドー・カシン(フリー)組戦が行われた。

 ともにアマチュアプロレスエリートの秋山と藤田はこれが初対戦。試合前から2人は長時間の視殺戦を繰り広げるなど、激しくやり合い、藤田が谷口をパワーボムで仕留めた後も、藤田が秋山に蹴りかかって小競り合いを繰り広げるなど抗争勃発を予感させた。

 バックステージでの藤田は興奮気味に秋山を「へこ」と呼び、「へこは逆立ちしたってへこだろ。何がやりたいんだ。いつだって相手してやるよ」とアピール。一方の秋山は冷静に「圧力があるし、雰囲気もあるし、顔もデカイし、ゴリラだな。でも、最後の蹴りは忘れないから。全然見てないところから。そんなヤツなの?真っ正面から来るヤツじゃないの?」と藤田を評しつつ、自身はDDT所属で11月3日に竹下幸之介戦を控えていることもあり、「点になるのか線になるのか。オレも11月3日があるので、とりあえず、これはここで終わり。その後はどうなるか分からないけど、点じゃなかったのは確か」と再戦に含みを持たせた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス