文字サイズ

試合中止のボクシングジムで集団感染 5人が陽性判定

 日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、都内の日本プロボクシング協会加盟ジムで所属選手らが新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。

 陽性判定を受けたのは以下の5人。

 ・プロ選手A(男性20代) 13日に予定されていた試合の前日にPCR検査で陽性判定。試合は中止となった。

 ・プロ選手B(男性20代) 14日にPCR検査で陽性判定。

 ・クラブオーナーC(男性40代) 12日にPCR検査で陽性判定。中止となった試合の担当チーフセコンド。

 ・マネジャーD(女性40代)14日にPCR検査で陽性判定。

 ・マネジャーE(男性60代)14日にPCR検査で陽性判定。

 現在は5人とも無症状で自宅待機中で、同ジムは保健所の指示待ちという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス