文字サイズ

ノア・藤田和之、7カ月ぶり参戦で快勝!杉浦軍歓迎「野獣が帰ってきた」

8人タッグマッチ戦で剛腕を見せつける藤田和之(右)=エディオンアリーナ大阪(撮影・北村雅宏)
3枚

 「プロレス・ノア」(11日、エディオンアリーナ大阪)

 “野獣”藤田和之が3月29日にGHCヘビー級王者の潮崎豪に挑戦して敗れて以来7カ月ぶりのノア参戦を勝利で飾った。

 藤田は杉浦軍の杉浦貴、ケンドー・カシン、桜庭和志とカルテットを組み、金剛の拳王、マサ北宮、征矢学、稲村愛輝組と対戦。開始から稲村と長時間のタックル合戦を繰り広げるなど激しくやり合い、最後も稲村を張り手のラッシュからサッカーボールキック3連発をたたき込む野獣ファイトで追い込み、パワーボムで垂直に頭をマットに突き刺して葬った。

 心強い実力者の復帰に、杉浦軍のメンバーは満足顔。カシンが「帰ってきたよ、藤田が。この調子でいくか」と呼び掛ければ、藤田も「やりましょう」と呼応した。参謀役のNOSAWA論外も「調子よさそうなんで、野獣が帰ってきたということで」と歓迎した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス