文字サイズ

赤井沙希、水攻めすっぴん危機に激怒

佐々木大輔(右)から水を掛けられる赤井沙希=後楽園ホール
3枚

 「DDT」(29日、後楽園)

 タレント兼プロレスラーの赤井沙希が出場し、佐々木大輔の顔面水攻めで“すっぴん危機”に陥り、激怒した。

 「化粧を落とすと(父で俳優の)赤井英和になるんで、すっぴんは何よりもイヤ」と公言する赤井は、佐々木から19日・伊豆での路上プロレスでも水攻めを仕掛けられていた。

 再度の“暴挙”にプッツンした赤井は急所蹴り、「(昨年12月の)世IV虎戦以来」という父譲りのパンチをマウントから繰り出すなど大暴れした。

 「怖かった」という脚立からのダイビングボディアタックも披露したが、憎き佐々木を仕留めることはできず。最後は、男色ディーノ(男色人生として参戦)の尻に顔面を押しつけられ、もん絶したまま敗退。保持していたKO-D無差別級王座への『いつでもどこでも挑戦権』も失い、傷心で引き揚げた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス